贅沢な食と空間を楽しむ、赤坂の隠れ家料亭|紫芳庵(しほうあん)

赤坂にひっそりと佇む隠れ家料亭、紫芳庵(しほうあん)にお邪魔しました。
出迎えて下さったのは、当主見習いとして紫芳庵を切り盛りしている小紫(こむらさき)さん。実は彼、山田(訪問者)の大学の後輩でもあります。

紫芳庵の土地はもともと、小紫さんのひいおばあ様が育ったところだそう。
その後はおじい様がプライベートなお客様をもてなすゲストハウスとして使っていましたが、最近一般の料亭としてリニューアルオープンしたそうです。


リニューアルオープンの一年前に、家業に戻ってきたという小紫さん。はっぴをはじめ、店内の調度品やお花も紫色で統一されていました。

お料理は、季節に合わせて。今回は夏のメニューをコースでいただきました。


先附は、太刀魚と長芋に濃厚なウニとキャビアをのせた一品。海苔醤油の香りがふわりと広がります。


向附にはつぶ、帆立、アワビの貝のお皿を。フォアグラと酢のソースでいただきます。

平安堂
山田
リニューアルオープンをしてまだ日も浅いですが、どんなお店にしていきたいですか。
当主見習い
小紫さん
場所柄もあり、今は企業様の会食などでお使いいただいていることが多いです。
これからは、例えば結納の席やお祝いなどの「家族行事」にもどんどん使っていただきたいですね。
紫芳庵では3つのお部屋を個室でご用意しているので、小さいお子様からおじい様おばあ様まで、ゆっくりお食事をしていただけると思います。


次のお椀はフカヒレ真丈でした。蒔絵で描かれた松が美しいですね。


蓋の裏側にも絵付けがされていました。

当主見習い
小紫さん
器は、祖父のころに集めた焼物や、僕や料理長があたらしく見繕ったものを使ってお出ししています。
最近は安くて質のいい器もどんどん増えていますが、その中でいかに「良いモノの価値」を感じていただけるか、を模索しています。
平安堂
山田
確かに、モノが簡単に手に入る時代ですから、何に価値を置くのかというのは本当に難しい。
それにはやっぱり作り手の想いだったり、温度だったりを知っていただくことで、愛着が生まれることもあると思います。

お料理や器とともに楽しみたいのが、約90坪あるという立派な日本庭園。
それぞれの個室から、四季折々の庭園を眺めることができるのも魅力です。


こちらは、平安堂のインテリア商品の撮影に紫芳庵のお部屋をつかわせていただいた時の写真。しっとりとした緑が素敵です。

当主見習い
小紫さん
僕は、空間からまるごと、いいな、素敵だな、と感じてもらえるような、そんなお店作りをしていかなくてはいけないと思っています。


御造りは夏河豚を贅沢に。


糸賀喜をたっぷりと散らした甘鯛の焼物。


メインは、希少部位シャトーブリアンの炭焼き。
甘味には、香ばしいきな粉と黒蜜をたっぷりとかけた葛切りを。一皿一皿、趣向が凝らされており大満足でした。


紫芳庵の「紫」は苗字から、「芳」はおじい様のお名前からとっているそう。ご家族の歴史を感じます。

大使館や大企業が多い一等地、赤坂に佇む「紫芳庵」。
当主見習いの小紫さんの明るい人柄と、細やかな心遣いも楽しめるお店です。

ゆったりと寛いだ時間を過ごさせていただき、ありがとうございました。

訪問したお店

店舗名: 紫芳庵(しほうあん)
住所: 東京都港区赤坂8-6-2
アクセス: 【都営大江戸線・東京メトロ銀座線・半蔵門線】青山一丁目駅(4番出口)徒歩5分
営業時間: 17:30~22:00(最終入店19:00)
平均予算: 20,000円~
電話番号: 03-3402-3405(完全予約制)